• ホーム
  • シミ消しに市販薬は有効なのかを調査してみた

シミ消しに市販薬は有効なのかを調査してみた

2019年12月18日
顔を洗っている女性

シミ消しにも色々な方法がありますが、その一つ市販薬を服用する治療法が挙げられます。美容系のクリニックなどでも処方してもらえる薬も有りますが、保険も適用されませんし診察を受けなければなりません。市販薬のメリットはクリニックを受診することなく、ドラッグストアなどで手軽に購入できる事とコストパフォーマンスの良さです。

しかし効果が無ければ意味がありません。有効成分がきちんと配合されているのか、どういった成分が配合されているのかまずは見ていきましょう。

市販薬に含まれる美白成分で有効と言われているのは、L-システインとパントテン酸カルシウムとアスコルビン酸などです。L-システインは紫外線を浴びる事で身体の防御反応として分泌される、シミやそばかすの原因にもなる黒色メラニン色素の排出を促す効果が期待出来ます。パントテン酸カルシウムはビタミンB5とも言われますが、肌の生まれ変わりでもあるターンオーバーを促進させる効果があります。最後にアスコルビン酸ですが、こちらはビタミンCでメラニンの発生を抑制させる効果が期待出来ます。

これらの成分が配合されているとシミに効果があると考えられます。キミエホワイトプラスはこの3つの成分を配合しており、1日3回服用する事で徐々にシミが薄くなります。服用継続しなければ効果はそこでストップしてしまいます。公式サイトでは定期便の申し込みをすれば割引も適用されますし、継続して使う事を考えるとコストパフォーマンスは非常に重要です。キミエホワイトプラスの公式サイトからの定期便申込みをお勧めします。ただし何か月間は使わなければならないという縛りがあるケースもあるので、その点は事前に確認しておきましょう。

ハイチオールCプラスにも、L-システインとパントテン酸カルシウムとアスコルビン酸が3つとも配合されています。ドラッグストアでもよく見かけますが、テレビコマーシャルなどでも流れていて知名度も高いです。ハイチオールCプラスもターンオーバーにもシッカリ働きかけて新陳代謝を活発にしてくれるので、内側からシミをどんどん薄くしていく事が出来ます。

ロスミンローヤルにも、L-システインとパントテン酸カルシウムとアスコルビン酸という3つがしっかり配合されているのでシミけしにも役立ちます。さらにロスミンローヤルはシミだけではなく服用継続する事で、小ジワにも目立たなくなるというプラス効果も期待出来ます。

9種類の生薬も配合されていますので、美肌効果もあって小ジワが目立たなくなるというのはアンチエイジングを求める方には非常にうれしい事です。それだけではなく女性特有の冷え性や肩こり、腰痛にも作用する成分が配合されているため、幅広い区化が期待出来ます。

飲む回数も1日2回と他の2つの市販薬よりも回数が少なく、朝と夜だけ飲めば良いのでその点でも便利だと言えるでしょう。どれもシミに対応出来ますが、幅広い効果が期待出来る物は特におすすめです。

関連記事
シミやシワに有効な海外医薬品をご紹介!

年齢肌のサインには、シミやシワが挙げられますが、コラーゲンの分泌量が30代後半から減る事も大きく影響しています。キメが整わず細胞同士をつないでいるコラーゲン不足で乾燥し、シワが出来たりバリア機能の低下やターンオーバーの乱れで角質が厚くなってシミが出来るというメカニズムがあるからです。日本でもハイドロ

2019年12月25日
レーザー治療でシミ消しするリスクについて解説!

シミ消しの方法は色々あります。手軽にできる方法には、トレチノインのターンオーバー促進作用で新しい皮膚に生まれ変わらせた所で、漂白作用のあるハイドロキノンを使うという方法がまず挙げられます。痛みもないですが治療期間が長くなるというデメリットはあります。3か月以上は使い続けないと効果が期待出来ない事も有

2019年11月29日
トレチノインとハイドロキノンを併用した時の副作用って?

シミ消しに効果があるトレチノインとハイドロキノンは、美容業界でも今注目の医薬品です。アンチエイジングという観点でも、シミを消すだけではなくトレチノインはコラーゲンの分泌量を増やす事も出来ますし、非常にメリットは大きいです。しかしその二つを併用した時に起こる副作用は事前に確認しておく必要があります。美

2019年11月11日
トレチノインとハイドロキノンを使ってシミ消しできる?

今話題のシミ消しの方法に、トレチノインとハイドロキノンを使った方法があります。シミは老化現象の一つでもありますが、そのメカニズムを理解して対応していく事が大事です。まず第一にコラーゲンの減少が30代後半頃から進みますので、乾燥しやすくなります。コラーゲンが細胞同士をつなぎとめる役割があるため、それが

2019年10月29日