• 顔をマッサージしている女性
  • 顔のクリームを塗る女性
  • 鏡を見ている女性
肌の問題を心配している女性

年齢肌のサインでもあるシミは、老けた印象になりますし見た目も悪く気になるものです。毎日基礎化粧品でケアをしていても、年齢ともにターンオーバーというお肌の新陳代謝のタイミングが崩れてくる事で角質が厚くなり、メラニン色素が濃くなってシミは出来てしまいます。

自宅でも簡単にできるシミ消しの方法がありますので、ぜひ試してみてください。家にあるもので全て出来る方法ですし、試してみる価値があるでしょう。まずはラップパックです。この家にも必ずあるラップを使っていきますが、この方法は消すというよりは肌のバリア機能を高めていくための準備と考えると良いです。肌の水分はコラーゲンの減少によって保水力が低下すると、少なくなってしまい常に乾燥状態になります。それを防いで潤いを逃がさないようにラップパックをしましょう。

やり方は、鼻と目の所に穴をあけてラップを貼るだけです。汗をかくと皮脂が流れてしまうことになりますので、汗をかかずにできる環境で行うのもポイントです。バリア機能を高める事は紫外線の影響を受けにくくするということでも、非常に重要なポイントです。続いて尿素を使った手作り化粧水でのケアです。尿素には古い角質を除去する効果が期待出来ますし、尿素入りのクリームなども良く見かけると思います。角質を柔らかくしてかちかちのかかとやひじなどにも使えるタイプもありますし、化粧水などにも応用されている事もあります。

ターンオーバーの乱れで古い角質が厚くなる事で、紫外線を浴びてできたシミの原因でもあるメラニン色素が濃くなってしまいますのでその部分に対応していきます。準備するのは尿素50g、植物性グリセリン5CCと容器です。水200CCと尿素を容器に入れて良く振って混ぜます。透明になってきたらグリセリンを入れて振ったら出来上がりです。これが原液ですが、このまま使うと少し強くて肌荒れしてしまいますので、もう1本容器を用意して10倍ほどの水で薄めて使うようにしましょう。

かかとやひざ、ひじなどの角質が硬くなっている部分は原液のままでも使う事が出来ます。化粧水の濃さは肌の調子に合わせて薄めて使ってください。薄すぎると保湿成分が足りない事もありますので、そのときにはグリセリンを足すと良いです。氷水を使ったコットンパックもシミに有効です。氷水にコットンを浸して軽く絞ったら広げます。シミの出来ている部分にコットンを貼りつけ、しばらくそのままにします。その後化粧水などを付けて再び同じ所に同じ行程で作ったコットンを貼りつけます。しばらくというのは大体3分ぐらいが理想です。この方法によって、新陳代謝が活発になるというメリットがあります。ターンオーバーがきちんとおこなわれるようになれば、シミの原因となるメラニン色素も排出されていく事になりますので、即効性という部分では氷水パックをしたらすぐ消えるというわけではありませんが、新陳代謝を上げる効果は抜群です。

最後にコンシーラーを使ってシミを消すという方法もあります。しかしこれは根本的に消すということではなく、隠すという方法です。コンシーラーは気になるシミを目立たなく隠す事は出来ますが、隠し続けていてもお肌のシミはどんどん増えて濃くなっていきますので、根本的に改善していく事が必要です。もちろんこういった対策というのも意味がありますが、大事な事はまず生活習慣を改善する事です。生活習慣とは食生活であったり、睡眠や運動も含みます。睡眠不足ですと成長ホルモンが分泌されづらく、新陳代謝も落ちてしまいますので要注意です。栄養素もバランスよく摂れる食事を心がけるなど、生活習慣も見直していきましょう。